史上最強のカメラ「α1」導入

Simple Frame Photography Studio Facebook Cover

α1 を導入し、4月より仕事撮影で使い始めております。
これまで購入したどのカメラよりも高価です。
が、使ってみてその価値があると確信しました。

20210326-_A9T0044.jpg

利点
● AF追従しながら1秒に30連写、動画を撮るように超高画質(5000万画素)の写真が撮れます。
● ブラックアウトフリー。シャッターを押したタイミングでもファインダー内やモニター画面が一切遮られません。写真を撮りながら次の動きが見れる。
● 画質に影響しないサイレント撮影。音を消して撮ると歪みやフリッカーなどの弊害がありましたが、どちらもシャッター使用時と変化なし。影響なし。これまで不可能だったストロボ使用にも対応。
挙式や披露宴、対談などの撮影でカメラマンの存在が気になりません。

高速で走る電車を連写した時のショットです。

31.jpg

歩行者はほぼ動いていない、ほんの一瞬の3枚です。

20210329-_DSC0309.jpg

そして物凄く小さくトリミングしても実用レベル。
この時の電車車両は、逆光で影になっています。
α1なら容易に明るさが持ち上がります。

これまで使用していたα9 IIも、他社の追随を許さない、十分に最高レベルのカメラです。
より高画質に、大事な一瞬を一枚でも多く、依頼主様がさらに撮られやすい環境を、
α1はこの期待に十分応えるカメラでした。

結婚式では、その日その時点で最高のカメラを使って撮って差し上げる。
自分のモットーのひとつにしています。
しかし、3月から5月と撮影が延期とキャンセル続きでまだブライダルでは使用しておりません。
一日でも早く日常が戻ることを祈っています。

さいごに関西出張時にα1で撮影した、風景写真を。


20210329-_DSC0014.jpg

20210329-_DSC1176.jpg

20210328-_DSC0655.jpg

20210327-_DSC0563.jpg

20210327-_DSC0861.jpg

natsumetic.




関連記事

コメント

非公開コメント