Mont Saint-Michel

イギリス・ロンドンから高速バスに乗り、ポーツマスという港へ。
そこからフェリーで一晩かけてフランスのサンマロへ。

20190212-_A9A0042.jpg
2019.2.12 AM 8:06

朝焼けとともに到着。フランス再入国。
サンマロという街で、通過点くらいにしか思ってなかったのですが、立派な城壁に囲まれた本当に美しい場所でした。

20190212-_A9K0092.jpg

城壁の上を歩くことが出来ました。ここに一泊すれば良かったと後悔〜

20190212-_A9K0209.jpg

どこを撮っても画になります。

20190212-_A9K0045.jpg

昼過ぎに観光案内所でタクシー乗り場を訪ねました。
ものすごく丁寧に案内してくれました。

20190212-_A9A0254.jpg

案内所の前で10分ほど待っているとタクシー到着。
一万円くらいしてしまいましたが、電車とバスだと半日以上かかるようで、
モンサンミッシェルにいる時間を買ったと思えば安いくらいです。

20190212-_A9A0260.jpg

30分ほどで到着。
目的地手前でタクシーも含め、マイカー入場禁止。
無料シャトルバスの乗り場をこれまた丁寧に案内して下さいました。
旅先、とくに海外で親切にされた記憶ってなかなか忘れません。
日本で自分は逆にならねばと思います。

そしてさっそく目的地へ。胸が高鳴ります!

20190212-_A9A0272.jpg

ついに会えたモン・サン・ミシェル。
初めてこの場所を知った時から、10年越しの夢が叶いました。

20190212-_A9K0326.jpg

20190212-_A9K0282.jpg

夜景を撮ろうと三脚を取りに一度、宿へ戻ります。
中に泊まると景色が見れないので、手前のホテルへ。
ホテルガブリエル こちらにお世話になりました。

少し休むつもりがそのまま寝落ち。。

↓外に出てみると美しい朝焼けの空。ひとりテンションマックス。

20190213-_A9A0031.jpg
2019.2.13 AM 7:50

↓ シャトルバスの後ろに登る太陽。なんだか哀愁。

20190213-_A9A0070.jpg

↓ 茜空とモンサンミッシェル。全てがパーフェクトです。。

20190213-_A9A0048.jpg

一斉に上空を飛行機が飛び交わしだして、飛行機雲があちこちに伸びていきます。
「もっと旅に出ろ。遠くに行け。」
空にそんなふうに言われているような気がしました。

20190213-_A9K0040.jpg

さぁ、帰国開始です。バスでレンヌへ。レンヌからTGVでシャルル・ド・ゴールへ。
早めに予約(大事)しておいたチケットで向かいます。
経由地のレンヌももちろん観光します。

20190213-_A9A0330.jpg

↑ 遊園地のアトラクションのような芸術的な建物。普通に生活の一部でした。(すぐ隣にはユニクロが)
↓ 公園にて。おしゃれな鳥がたくさん!(無料)

20190213-_A9A0234.jpg

TGVに乗り込み空港へ向かいます。直通は少ないようなので要事前チェックです。

20190213-_A9A0358.jpg

素晴らしい旅でした。初めて行く海外の場所は一週間が一ヶ月にも感じられます。自分の世界が広がりました。

20190213-_A9A0364.jpg

帰路。新潟上空での夕焼け。35歳になって日本に帰ってきました。
また素晴らしい旅が出来ますように。

20190214-_A9A0019.jpg

おわり


natsume


前の記事へ
1/3 PARIS
2/3 LONDON

関連記事

コメント

非公開コメント