さながら霞める朧月夜


2014.5.9 Iiyama NAGANO / α99


長野県飯山の菜の花畑です
「朧月夜」の詩の舞台と言われています

あんなロマンチックな詩が浮かぶ風景は
いったいどんなところなのだろうと、
以前から足を運びたかった場所です。
詩の中の世界とまったく同じ風景に感激しました。



2014.5.9 Iiyama NAGANO / α99

-朧月夜- (高野辰之)

菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりてにほひ淡し

里わの火影も 森の色も
田中の小路をたどる人も
蛙のなくねも かねの音も
さながら霞める朧月夜



2014.5.9 Iiyama NAGANO / α900


詩の中の世界とまったく同じ風景に感激しました^^
帰路は最寄りの信濃平駅まで徒歩で行ったのですが、
途中の川を渡る橋に歩道が無く、夜の車道を徒歩で強行突破してしまいました。
ご迷惑をおかけしました〜


natsume
関連記事

コメント

非公開コメント